スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


表現力アップのために

 
昨日行っていた就職セミナーにおいて、受講生の方からこんな言葉が漏れました。


「なるほど〜、そういう表現の仕方があるんですね〜! それ使おう!!」


実はこれ、講義のスタートで前回を振り返って貰う、グループシェアのひとコマでした。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
グループワークは、私自身結構行ってもらいます。


  ◎人と向き合い対話をすることのトレーニング (コミュニケーション力)

  ◎人の考え方、表現の仕方などが知れる (自己概念のフレームの拡大)

  ◎講義内容の復習 (落とし込み)


こんな意図があって意識的に多く行っております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


たまたまですが、昨日のクラスではこのようなグループシェア(ワークショップ)

は今までしたことがないと聞かされてしまいました。

一瞬、唖然とししてしまいました (えっ、単なる講義式?)





「そういう表現の仕方があるんだ〜・・・」


まさにこの効果ですね!


画像や活字で得られる情報が最近主流になっている昨今ですが、

上記エピソードが物語るように、やはり 



  「人と話す」

  そして

  「何かを感じ、気付く」



それが表現する能力を養うのだと強く感じましたので、

人と積極的に関わる機会を作り、また参加することをお勧めいたします。






・・・


職務経歴書

 
◎職務経歴書はA4サイズで、1〜2枚程度に
 収まるように!




今流のセミナーや支援サイトなどでよく言われるフレーズです。



しかし、敢えて言っておきたいのは


当たり前ですが、これが法則でもルールでもなんでもない、ということ。


そしてセミナーの講師をされている方にも是非言いたいと思うのは、


「何故1〜2枚程度なのか?」


とちゃんと説明をして頂きたい、ということです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


例えばここに、A4サイズで5枚ほどの書類が2種類あったとします。

内容は共に 「面接の仕方について」 という説明書としましょう。



ドアのノックのしかた、入室の際のドアの開け方、入り方、挨拶

着席の仕方、名乗り方・・・などなど

一挙手一投足、克明にそれが分かる用に作られてます。




一つは、それら細かな動作に至るまで、すべて文字で文章化されて

います。


もう一つは、大まかな動作などは、イラストで描かれ、それに多少の

補足コメントが書かれています。



両方とも5枚です。


さて、どちらが見やすいか、分かりやすいか、また見る気になるのか?


です。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


要は、自分の伝えたいこと、訴えたいことが相手に伝わりやすいか、

また見たいと思ってもらうように作ることが大事だということです!


仮に10枚書いたとしても、概要が分かれば半分も見ないかも

しれませんね。


逆に、10枚あったとしても見るにつれて、興味や関心が強くなり

最後まで見てもらえるかもしれませんね。



*枚数や書き方(順番とか)を気にせず、

 如何に相手に伝えられるか、見てもらえるか、

 を意識して作成することをお勧めいたします!




・・・・・

身近に感じる雇用形態の流れ

 
仕事柄、新聞紙面と折り込み求人チラシはいつも見ています。

その中で、ぱっと見分かるのが

「時給・・・、日給・・・」

という表示、感覚的にも圧倒的に多く感じます。


どれ程かと思い、昨日日曜日の求人チラシを数えてみました。


●チラシ数6枚(同業者もあり)

●トータルの求人数、242社

●内、月給表示(のみ)の求人数 65社 (時給と併記は除いてます) 


つまり、純粋に月給での求人社数は全体の 【26%】 ということに。

逆にいえば、求人の7割以上は時給・日給での求人ということなんですね!


その少ない月給表示で求人を出している業種はといいますと、

運輸・流通、工事業者がその8割ぐらい を占めていました。



上記のデータはあくまで私の居住区に配布された、折り込み求人チラシ

での結果です。


つまりこれが非正規社員雇用というのであれば、この動きは益々多くなって

いくような気がしてなりません。。。




・・・

職務経歴書

 
昨今の応募書類(転職者)は、

「履歴書・職務経歴書・添え状」  がセットという流れがあります。


思えば職務経歴書って、ここ15年ぐらいの中で定着してきたように思います。


さてさてその経歴書ですが、「絶対作成」 ではないということを言いたいです。


ケースバイケース、つまり相手企業に応じて使い分けをすればオッケイです!

勿論、提出が条件付けされていれば対応しますが、

そうでない場合、または慣習的に必要性が感じられない業種・業態であれば

わざわざ作ることがないのもまた現実です。


業種の特定は避けますが、

特に現業系のお仕事の世界では、書面での選考もさることながら

現実本人からの確認や承諾において、決定づけられることも多いと感じます。


「うちは・・・・だけど、やれるか?大丈夫か?」

「はい、大丈夫です! できます!自身あります!」

「そうか、よし分かった!」


みたいなやり取りで決定する会社もあるでしょう。



一方、経歴書が必要な求人の場合は、

今度は一転、その企業向けに効果のある書面作りが必要となります。

つまり、その企業のニーズに最大限効果のあるような内容にすることです。



*先に述べた、必要性の無い応募をするに当たり、実際に提出こそしなくても
 それを作っておくことはお勧めいたします。
 改めて、自分と向き合うことにより、自分の能力や自身が一層明確に、かつ強く
 なるはずです。




・・・・・

バカな上司! って・・

 
どこの会社でも、上司の批判って普通にあると思います。

(逆もまた然りです、ここ注意)


やり方がどうのこうの、頭ごなしだとか、言い方が気に入らない・・・

確かにそう思うよね。



でもね、

そんな上司の言うことを、例えば君はちゃんとやれているの?

一つたりとも漏れなく、忘れずにこなせているの?


嫌いな上司でも、業務命令だと割り切ってるかもしれないけど、

それでも 「ついうっかり・・」 なんてことは絶対ないの?



昔言われたことがあります。

「君、社長の言った通りのことができたら、君は社長になれるよ!」

って。


なんてバカなことを・・・と思いつつ、

言われてことをきちんと期限通りに、全てこなせていたのか?

やれていない自分に気づく。


なんだかんだ言い訳をして、結局逃げている自分がいたよねって。

だから、社長にはなれない・・・・か。。。







どうしてだろうか、急に思い出してしまいました(^^:)





・・・

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM