スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


現状認識と対応策

女子社員との面談を近くのファミレスで行いました。

前回、自分の棚卸(自己分析)のために少し書いてもらった書類を基に話を初めました。

書いた本人も自分の過去を振り返り、思い出したこともいくつか有り、ある意味新鮮な自分発見だったようです。

現状得意な部類に入る仕事も、過去における経験(体験)に関係している感じとか、気持の浮き沈みとか、性格的にどんなとか、書いてみて改めて知った(自覚)ようです。

退職の意思はほぼ確定しているので、そこの迷いは無い。

よって、そこからのリスタートとして、まずは自分発見をしながら、そして条件や制約を確認しながら、今後の方向性や方法を検討していくように助言。

_____________________________

その女子社員より報告があった。

自分が話した条件的なものを緩和する方法の一つが、良い方向へ進む可能性がでてきたとのこと。(転職するにも最低の条件をいくつか話していたのです)

それは、彼女自身がそうなるものなのかどうかと、自分自身で行動(検証)した結果であろう。

そしてそれは、最大ののネックとも言える障害(条件)だったので、それが緩和されるということは、まずは良いスタートを切れるのではないだろうか!

今朝は良い笑顔をしていました!





*上記内容は現在進行中のものではありません。


想い ≠ 現実


    市場の低迷

    売上ダウン

    給料ダウン

    モチベーションダウン

    売上激減

___________________________

こんなスパイラルが発生し、現状打開の為慌てて策を練る

しかも自助努力ではどうにもならず(やる術を知らない及
び行動が取れない)、

コンサル会社に神頼みする、

やれ企業ブランド化だ、やれPR戦略だの・・・

___________________________

さて、社員教育(特に営業のイロハ から 戦術に至るまで)

を従来からせずに、今この現実を目の前にして

      
      「新規開拓!」

      「掘り起こし!」


などと号令を掛けてみて如何なものでしょう?

更には、ベテラン社員が退職し、残るは新人営業のみ

まともな教育を受けていない、指導されていない彼らに

そんな号令を思い出したように掛けてみて、どうなるのか?


**************************

何年も前から、教育体制・管理体制に苦言を呈してはいたが、

その意見を聴こうとせず、あるいはその必要性を理解できず

こういった結果を招いている。

最近改めてこのことを指摘したのですが、それに対して

「では、どうすれば良いと思いますか?」

「えっ??????????」

「今までの話を分かってないの・・・・???」

「ん〜・・・・・・ジ・エンド?」


_____________________________

経営者には壮大な夢があるものの、現実を打開する努力とは
どうもリンクしていないようです・・・・

現状認識と対応策

恒例の雑談の場。

自分以外の3人は幹部会参加の管理職。

各自から会社に対する問題点がたくさん出され、また過去にも進言しても
改善されないとか、まあそれは様々。

トップの今後の会社運営に関する明確な考え方・方針を改めて聞きたい旨
の意見もでる。(個人商店レベルで推移させるのか、会社組織にしていき
たいのか・・?)

トップが実務に大半の時間を割かれ、本来の社長業がされていないこの現実を
どうするのか?
商品に対する拘りは分かるが、果たしてそれに浸ってていいものか?
はっきり言って、今の業務を部下に移譲してもらわない限り好転は有り得ない・・
この認識は出席者全員に共通している。

もっと社内(社員)に対して考える時間を作るべきではないか?
勿論営業展開、経営戦略も。

その部分をきちんと理解してもらい、その方向で進み出さない限り
現状打破は不可能であろう。

それを幹部会の中でも、事有るごとに進言してもらうように要望する。
参加幹部が3名居る訳だから、それぐらいの動きはできるだろう・・・


おこがましいことではありますが、

「なぜ社員はやる気をなくしているのか」
(柴田 昌治スコラコンサルタント代表著)

を、社長と他の役員に差し上げます。
私からのささやかなプレゼントです(悲)

=======================

・今何に興味がありますか? 
    ・今何に関心がありますか?
      ・あなたの価値観は何ですか?

     これがキャリアプランの入り口です!

  http://seplan.jp/
    *只今無料カウンセリング受付中です
=======================

現状認識と対応策

新年早々の様子は・・・

昨日、営業部・製造部・企画課の係長3名と雑談を行った。

話題は、下半期の数字確保の為に提案された、苦肉(いい加減?)の策、
報償金案。。。

営業マンの退職者も出た後で、テリトリーの変更・目標の割り振りなど
ごたごたしている真っ只中、戦闘モードを上げようとの策略らしいのだが・・・

参加の営業係長からは、ものすごく冷静でまともな意見が出された。

 ・数字が入り組んだ中で、達成の基準が不明確ですが?
 ・全体が目標未達でも個人には報奨金は出すのか?
 ・営業マンだけが対象で他の社員には無しか?
 ・賞与も削る会社にそんな余裕があるのか? etc

このような意見に対して、営業責任者の役員がこう言ったそうである

 「退職者も出たし、経費も多少は削減されるはずだから・・」 と

参加の面子は我耳を疑い、お互いに顔を見合わせたのです。

結果的に自分の管理不足が原因で出した退職者なはず、それを良いコスト
削減とも取れる発言をするとは・・・・

いやはや、こんな役員がいる会社で果たして打つ手はあるのか???

そんな上層の意識など改革できるのか?もやは話して分かるような思考回路
レベルでもないようにも見えるし・・・

頭をちらつく言葉・・・ユニオン(今時弱いか・・)。。。。

なんとすべるべきか・・・

こんな傍ら、先般の女子社員の相談はこの土曜日に行うことに。

退社の意思決定はできている様子、その後の対応支援に活きる予定です。

_________________________________

=======================

・今何に興味がありますか? 
    ・今何に関心がありますか?
      ・あなたの価値観は何ですか?

     これがキャリアプランの入り口です!

  http://seplan.jp/
    *只今無料カウンセリング受付中です
=======================


現状認識と対応策

【何を考えているんだ!?】

さて、また一つの問題発生です

それは入社1年を過ぎた女性社員のことです。
実はこの社員入社当初からちょっと気になっていたんです。というのも、当初より本来自分のやりたいテイストとは違った業務をすることになったのです。
結果的には本人もかなり妥協した経緯があったのは事実。

で、最近動向、顔の表情を見ていてガス抜きを含めて話しでも聴いてあげようか、ということで終業あと外のカフェで話を。

「実は辞めたいんです・・・」

やっぱり・・・と思いながら続きを聞いてみると、でもその気持を直長の部長が理解せず、話を歪曲させて会社に報告しているというもの。

それは、「今の部署が嫌で配転をして欲しい!」ということにしてしまったよう。
よって会社では他の部署への移動を考え、伴った募集をかけることになったのです。(事実既にかけていたのですが・・)

そのように、部下の気持を勝手な解釈をして矛先を決めるとはなんということ・・

話の結果として本人が再度部長に話すという決心をして、この場は終ったのですが。。。

<続く>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM