<< 自己PRと志望動機 | main | 意志の強さ と 柔軟性 のバランス >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


雇用条件はしっかり確認すべし!

 
・固定給ではなく時間給?

・残業代は付かない?

・シフト制?

・土日完全に休みじゃない?


などなど。


雇用条件、労働条件が違うというお話をよく伺います。

状況によっていろんな原因が考えられますが、

多いなと感じるのは、

「当初の話と違う!」

ということです。


まあ、働く方とすれば善意に解釈をしてしまう、なんてことは

想像できることですが、


しかし中には、完全な会社側の落ち度、あるいは、残念ながら言ってしまえば

意図的なものも存在するようです・・・



はれて就職、やっと就職、いずれにしてもこれから自分の身を投じて、時間を

過ごしていく仕事なワケですから、しっかりと納得した上で就労を開始したい

ものです。


面接の際に聞きたいのはやまやまなんだけど、

「あれこれ聞いたりしたら嫌がられる」

「仕事よりもそっちか!と思われてしまう」

などと想像してしまうために、しっかり納得することができないまま・・・・


これではとても残念なことです


「最後に雇用条件の確認をさせて頂きたいのですが!」



「しっかりと確認をする姿勢を見せる!」


ことも大事だということを認識して、面接に臨んで欲しいものです!




・・・


スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 14:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>けいすけさん
コメントありがとうございます。

確かに聞きにくい部分ではありますが、仰るとおりその質問への企業の回答(対応姿勢)でも、おおよそ判断できる場合もありますからね!
  • エスイープラン
  • 2011/08/30 8:10 PM
先日、採用担当の方に話を伺う機会があって、その方も同じ事を言っておられました。

私自身、給与面の事については、面接で聞いてはいけないタブーな事だと思っていたので、意外に感じました。実際、新卒時代にタブーだと教えられました。

しかし、良く考えてみると、働き手にとって重要な部分をタブーにしてしまうと、ミスマッチを生み易いのではないか…?そう感じていましたし、自分もそういった事を聞かずに入社して、痛い目にあった経験もあります。

応募側にとって聞かれたくない部分があるという事は、採用側にとっても聞かれたくない部分がある。採用側は、そういった事を聞かれた時、どう対応するか?そこを確認するのも面接の重要な部分だと思います。
  • けいすけ
  • 2011/08/30 1:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM