<< 日常の中に能力が隠されている | main | 就職に取組まない度胸はあるんだ! >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


研修・セミナーはあくまで一つの参考に過ぎない!

 
今や、行政含め民間でも多く開催されているビジネスセミナー、&就職支援セミナー。

クオリティの差は有れど、新たな気付きやまたは復習の意味においても、決して

無駄というのはないと思います。


しかし問題は、そこで教えられたこと、あるいは貰った資料そのものを、何か絶対の

答えであるかの如く捉える方がいるということ。

就職支援関係で言うならば、書類作成に関するものが多いように感じます。

即ち、履歴書や職務経歴書、更には添え状にいたるまで。



「・・・では、こう書けと言われた」

「・・・はダメと言われた」


言ってしまえば、就活本を真にうけてしまう学生も同様なのですが・・・


考えてみれば、この書類の中で法律で定められているとかはないし、

JIS規格といえども、あくまで標準をさすことだけで、 「絶対ではない」 のです。


(*絶対はなくても、慣習に従わざるを得ないということはありますが)



つまり、いろんな教えを請うことは無駄ではないのですが、それを自分の

「状態に合わせて使い分ける」

 ことが大切だということを理解してほしいと思います。






そのためにも、自分の基準作りが必要になります。

それが困難だと感じる方は、何時でもお声を掛けてください!




・・・

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 16:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM