<< やりたい事とできる事 | main | どんな人を採用しようと思うか? >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やっぱり 「怖い」 ・・・のかな?

 

「コミュニケーションをもっと上手くとる方法を教えて欲しい」


こんな相談がありました。


話している印象では、下手とかできてないといったイメージは全くない。


話を聞いてみると



「会社の人から、”固いな〜お前!”って言われるんです」


と。


最も入社してまだ間もないだから、緊張感が先立つのは当然です、

立ち居振る舞いもぎこちなく、言ってみれば新人さんの経るプロセス。



ただ、それはあくまで 

「きちんとする」 

ことの表れであって


「自分を隠す」

ことではないはずです。



仕事中の会話ではそうすべきでっても、休憩中や終えた後の空間

では如何なものか?



そこに見えてきたのは、


「プライドの高さ」

 や

「面目、見せ掛け、体裁」

といった


簡単に言えば


「自分を良く見せたい!」

この一念だということです。


その思いが重い鎧となって、相手にガード体制を作ってしまっていたのです。




コミュニケーションを上手く取りたい、

というより、

「堅い」 

というイメージを無くするには?

という方が正しかったのかもしれませんが、


その答えは一つ!


『自分を曝すこと、素の自分で対応する』


ということです。


勿論、これにも相当の勇気がいるはずです。

相手にどう思われてしまうか知れないのですから!


「良く見せる」 でもなく 「堅いと言われない」

のでもなく、


純粋に仲良く、蟠りのないような関係を作りたい

と思うのであれば

勇気を出して、どんどん自分のお腹を見せてあげることです!




・・・

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 14:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM