<< 体験からの想いはとても大事! | main | 想いの先に価値観が見えたら >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


想いの先には何があるのか?

 
・・・前回の続き



「その業界でやっていきたい!」

との想いを得られた。


ただ、そのピンポイントで狙いを定める前に、


*その想いの先には何があるのか?

*その仕事の結果の効果とは何か?



さてさて、改めて仕事・ビジネスというものを見てみると、

物でもサービスでも必ず提供する立場と、それを受ける立場が

存在します。

何であっても、提供するそこには必ず価値が存在し、

そして受ける側にはその対価を返す、

つまり価値の交換ということになるでしょう。

もっと簡単に言えば、経済価値が発生することになるのですが、


先に述べた、結果の効果とはつまりその経済的価値とは別に


自分が何が得られるのか?

何を得られると思うのか?

という自分にとっての価値観になります。


話を戻せば、

その業界で行われている価値の交換の結果として、

その対象者にどのような変化が生じ、結果としてどのような効果

が生じるのか?


一般的に言われることとして、

人を対象とするならば、その対象者において

「喜び・満足・向上・習得・豊か・改善・回復・好転・元気・・など」 

が得られるということは、


立場を移せば自分が

「役に立ちたい」

「役に立っている自分を感じたい」

「その効果があることが自分の満足」

「能力を実感できる」

「他者よりの有意性」

など、こんな事柄がそこに存在すると言えるはず。



整理すると、


想いを馳せた目に映った世界には、実は先にあげたような

自分にとっての価値観があるから、と言えるはずなのです。


だから・・・・・







スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 10:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM