<< 適性検査=自己分析  ではない! | main | 就業条件を再考してみる >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


退職理由は志望動機

 
会社を辞める理由は人それぞれ、千差万別。


・〜が嫌だから

・〜をしてくれないから

・〜が無いから

・〜が得られないから

・〜の見込みがないから


といった、言わばマイナス的・否定的な理由が多いのが現実で、

プラス的・前向きな・・・・など、その全部とは言いませんが、表面的な

繕いであり、詭弁かもしれません。


しかしです、

上記のような、無いないずくし的な理由であったとすればです、

次の候補地には、少なくともそれがあると思ってるし、あることを願って

目指す(欲している)はず。


とすれば、それが得られるであろうと判断した(できる)材料を候補地から

見つけ出す作業が必要です(企業分析とか言われる部分)。

ホームページや求人情報の内容から、または地域の情報や人脈を

活かして情報収集をしなくてはなりません。



ここで、 【退社の理由転じて志望の理由になる】 わけですが、

一つ注意があります。


嫌で辞めた(予定)会社の中において、

「自分の仕事の取り組み姿勢や実績・功績がどうだったのか?」

です。


簡単に言うと、自分も適当にやっていながら、会社に無い物ねだりを

している状況だと、ん〜極めて難しいのですが・・・・


そこそこ自信をもって取り組んでいて、常に前向きなスタンスで

向き合ってきたのであれば、


簡単に言えば

「自分はしっかりとやっていたんだが、それに対して・・・」

こんな構図が完成します。


あとは、それを控えめに、優しく決断に妥当性を持たせるような

表現で対処する(書類・面接)ことです。




--------------------------------------------------------------


応募書類の作成依頼が多いのですが、

やはり自分を振り返り、そこにどんな材料が有るのか、

それをテーブルに出す作業がとても重要になります。

ちょっとでも大変・難しいと感じる方は、何時でもご支援を

させて頂きますので、気軽にお声を掛けてください♪


---------------------------------------------------------------





・・・

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 11:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM