<< バカな上司! って・・ | main | 身近に感じる雇用形態の流れ >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


職務経歴書

 
昨今の応募書類(転職者)は、

「履歴書・職務経歴書・添え状」  がセットという流れがあります。


思えば職務経歴書って、ここ15年ぐらいの中で定着してきたように思います。


さてさてその経歴書ですが、「絶対作成」 ではないということを言いたいです。


ケースバイケース、つまり相手企業に応じて使い分けをすればオッケイです!

勿論、提出が条件付けされていれば対応しますが、

そうでない場合、または慣習的に必要性が感じられない業種・業態であれば

わざわざ作ることがないのもまた現実です。


業種の特定は避けますが、

特に現業系のお仕事の世界では、書面での選考もさることながら

現実本人からの確認や承諾において、決定づけられることも多いと感じます。


「うちは・・・・だけど、やれるか?大丈夫か?」

「はい、大丈夫です! できます!自身あります!」

「そうか、よし分かった!」


みたいなやり取りで決定する会社もあるでしょう。



一方、経歴書が必要な求人の場合は、

今度は一転、その企業向けに効果のある書面作りが必要となります。

つまり、その企業のニーズに最大限効果のあるような内容にすることです。



*先に述べた、必要性の無い応募をするに当たり、実際に提出こそしなくても
 それを作っておくことはお勧めいたします。
 改めて、自分と向き合うことにより、自分の能力や自身が一層明確に、かつ強く
 なるはずです。




・・・・・

スポンサーサイト

  • 2012.03.08 Thursday
  • -
  • 17:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM